Del Shannon



今朝、日課のウォーキングの途中で頭に浮かんできたのがこの曲、Keep Searching 口ずさみながら歩いていたが、キーが高すぎる。力んで顔がゆがんできた、口ずさむには不適当な曲です。
ところで、1ヶ月もたって原子炉建屋内部に外国製の高性能ロボットが投入された?うそだろ〜こんな、おもちゃみたいなもの、どこかの高専の全国ロボット大会に出場しているクラブに頼んだら、一週間もしないで造ってくれたんじゃないの。原子力村の連中は40年前の原子炉、そのまんま使っているだけで、管理用の技術開発、研究、何にもしないでサボってたんだろうね。ハヤブサを造った最先端ハイテクの業界との交流なんて、僕たち偉いから必要ないもんね、って感じ〜しかし工程表なるものも発表されたが、内容があいまいすぎて工程表になってないよね。私も技術屋の端くれだから言っちゃうけど。それにしても現場作業員が心配だよね。これから何千人と必要になるといわれているけど、そんな人数どこから調達するんだろうね。山谷あたりで信じられない人集めしているって話しもきくけど政府は知らんぷり。現代の二百三高地にならなければ良いが。

The Four Tops



夏バテ、仕事忙しい、将来不安、オヤジは最近パワー不足。そんな時、元気の出るミュージックといえば、これFOUR TOPS、今日のお勧めです。エド・サリバン・ショーのDVDで最近発見、すっかりファンになってしまった。(今頃かよ)この手の曲は聴いて楽しく、見ても楽しめる。特にバックの3人の元気なオニーチャンのノリ、楽しいね〜わかりやすい、かつ、オヤジ好みのエンターティメント、最近あまりないね。たびたび出てくるエド・サリバン・ショーはその宝庫だ。TVでリバイバル放送してくれないかな。「土曜の夜はエド・サリバンとフィーバーしよう」とかね。元気の出たところでチューハイでも飲みに行くか!
在庫NO.20070921
重苦しい毎日が続いているが、それはそれとして少しづつ平常モードに戻っていかないとね。明けない夜はない。やまない雨はないということで、少し元気の出るのを、探してみました。3年ほど前の記事、なんともオキラク、平穏な時代だったんだね。無くして気がつくものたくさんあるね。モータウンの元気なオニーチャンをとりあえず、久しぶりに聴くけど、文句なくいいよね。
しかし国が信用できないのはあきらか、京大の小出裕章先生のコメント、E-Wave Tokyo、ドイツ気象庁の翻訳版は毎日チェックしようね。
http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。