Vikki Carr

There Goes My Heart



うずちゅうの人もとうとう辞めちゃったね。しかしあれを見た時、目が点になってしまったよ。大量飲酒癖の同類としては、自分は覚えてないが、あんな醜態をさらしているのかと思うと、冷や汗が出てくるよ。
ガイトナーがあんなことやったらどうなるんだろう。
ここはしっかりした大人の、エンタテイナーの歌声でも聴いて気分を変え、飲みなおしましょう? Vikki Carr、 ルックスといい、歌声といい、雰囲気といい、満点です。
曲はThere Goes My Heart 私の場合はThere Goes My Allowance
在庫NO.20090221
政権が変わったものの、トホホな状況が続いている。ビンだかカンだかペットボトルだか知らないけど、なんていわれてしまったわが国の首相。これほど肝が据わってない、信念がないのが、顔つきや発言に出る人もめずらしい、よっぽど正直な人なんだろうね?そろそろ、また頭丸めて四国巡礼の旅の続きに出るんだろうね。それに比べて、別荘大好き、前お坊ちゃま首相、最近ずいぶん元気、不気味な脳天気ぶりにはあきれる。来年政界引退するって言ってたんじゃなかったの?どうでもいいけど、誰かなんとかして〜

 The Buckinghams



朝シャワーを浴びていたら、数十年前に聴いただろう曲の一節が思い浮かんだ。曲名はKind Of A Drag、しかしバンド名を忘れてしまった。早速YouTubeで検索、ありました。バッキンガムス。さらにネットで調べてみた。ブリティッシュバンドかと思ったらアメリカ、シカゴ出身とのこと。曲はメロディがきれい、ボーカルもソフトで魅力的。今聴いてもなかなか心地良い。このバンドの一番のヒット曲にMrcy.Mercy.Mercyがあるが、これはインストのジャズヒット曲に歌詞をつけてヒットさせたという珍しいパターン。
ホーンセクションとのアンサンブルが画期的とのことだが、ホーンセクションが見えないのが残念。しかしブリティッシュバンド風に売り出したいところに、ホーンセクションをバックに置くと絵的にうるさいか?なかなか難しいところだね。
在庫NO.20080531
昨日、渋谷のHMVが閉店したね。HMVってhis master's voiceの意味だって知ってた?コロンビアのマーク、犬がレコードプレーヤーのラッパに耳を傾けてるやつ。なかなかいいよね。CDが売れないのがひびいたらしいが、いずれCDもレコードと同じ運命になるんだね。ipodなんて持ってないし、買う気もないオヤジとしては先が心配だ。ソ~いえば最近CDも買ってないな〜今もってるCDを季節ごとやその時の気分で聴き回していると大体飽きずに済んでしまう。特に新しいCD買う必要ないもんね。しかしこれって老化、退化の兆候かも。

Martha & The Vandellas



東京も梅雨入り、梅雨のない北海道生まれの私には辛い季節の到来。
おまけにすさんだ事件の連続、混迷を極める政治状況、これは精神衛生上良くないわ。こんなときには、やはり元気の出る音楽でしょう。今日は梅雨の中休みで快晴、しかも週末、モータウン・サウンドで盛り上がりましょう。記憶をたどってYouTubeで検索、今回はマーサ&バンデラス。フォー・トップスと並んで元気が出るグループです。モータウン・サウンドはなんでこんなに心地良いのだろう。ゴスペルがベースとなっているとのことだが、バックコーラスとの掛け合いにコミュニケーション・ツールとしての音楽の原点があるのでは、なんてね。曲はもちろん Heatwave 。週末おいしいお酒を飲めるのが一番、おやすみなさい。
在庫NO.20080613
また〜再投稿でも、季節合わせろよな〜、は措いといてと。今年の北海道はめずらしくクソ暑い日があり、台風の余波直撃の大雨ありで、なんだかな〜でしたが、久々に海水浴にも行き満足。しかしやっぱり北海道のものはなんでも美味しいわ。ところで今年の11月松尾ジンギスカンが銀座に開店、楽しみだね。生ラムを出してくれるといいんだが、これは去年小樽サンコーで食べたけど別物だよ。

Dion And The Belmonts

Runaround Sue



今日は花見の予定だったんだが、咲いてないですね。開花予報だと今年は早くてもう満開のはずが、一分咲きにもなってないでないの。まったく予報はあてにならない。ちなみに去年の手帳を見ると29日満開・花見とあります。
ところで経済予測もあてにならないよね。サブプライムの影響は日本少ないから大丈夫なんて言ってたのが、結局、輸出49%ダウンで撃沈。株価も急落、リストラの嵐、外資撤退で不動産業界壊滅、まったく当てにならない。来年は回復なんてこと言ってるけど信用できないよね。さらに当てにならないのが女の子??・・昔はさんざん泣かされたもんだ(最近は女の子なんてまったく縁が無が)ということで曲は Runaround Sue 花見も先延ばしということで、今日は部屋でみっちり飲むとするか
在庫NO.20090327
夏休みに花見の記事の再利用もないと思うけど、措いといてと。最近メタボ該当者が、特に脳卒中や心疾患のリスクが高いという因果関係はないというデータが発表された。また血圧も高齢者は肉体的衰えから体の隅々まで血液を送る必要性から血圧が高くなるので、自然のこと、無理に下げると害になるとある。何事も限度やバランスの問題だと思うけど、自分で体の言うことをよく聞いて自分で判断するのも必要だよね。明日から北海道で夏休み、体の言うことを聞いて、おおいにビール、ジンギスカン、かに、ホッケ、でいんでないかい。

Ann Margrett



オヤジを元気にしようシリーズ第2弾、やはりこれでしょ、かわいいオネーチャン。アン・マーグレット?そんな歌手いたか?いました、歌う女優さんです。昔のヒットパレードで一時上位におりました。チャンと覚えております。BYE BYE BIRDIE、プレスリーの入隊をモチーフにしたロック・ミュージカルの主題歌だそうです。いかにもアメリカンな感じのオネーチャンだが、以外にもスウェーデンの出身、子供のころにアメリカへ移住したようだ。そういえばイングリット・バーグマンもスウェーデン、スウェーデンは美人が多いのかな。歌は上手いのか、下手なのか、判断できないというより、そんなの関係なくかわいい。それで良いのだ〜
在庫NO.20071110
最近異常なニュースが多い、高齢者行方不明、育児放棄、派遣労働。完全に壊れてしまったって感じ。共同体、家族の崩壊。これってまじめに考えるに資本主義構造が完成形にステージアップしたってことだよね。人間の商品化が進んでしまった結果なんだ。資本の側には今のところいいかもしれないけど、社会が壊れてしまっては、結局資本の側にもしっぺ返しが来るのは必定。今、共産党宣言が発表されたらインパクトあったろうね。当時のロシアでは早すぎた、今なら説得力あるよきっと。

 Gigliola Cinquetti



若い人が見ると、ただの近所の歌のうまいオネーサンが喉自慢に出て歌っているっていう感じだろうね。最近の演出過剰の、露出度いっぱいの歌手と比べると、むしろ新鮮なさわやかさがあるよね。年とともにスローライフの巡航スピードへシフトダウンしつつあるオジサンには、やはり昔聞きなれたポップスが心地よいのだ。「夢見る想い」この曲ヒットしたな〜他には「愛は限りなく」、「花咲く丘に涙して」、題名からしてこそばい、それと「雨」。あれ?これもまたバルタンのときと同じ途中からジャマが入るシリーズだ。トホ
在庫NO.20080319
メタボ該当者が脳卒中や心疾患のリスクが特に高いということはない、というデータが発表された、近いうちに見直しの基準が出されるだろう。話は飛ぶが地球温暖化と化石燃料の話、戦略的捏造データによるものだそうで、因果関係が怪しくなってきた。氷河期のサイクルに入ってきたという説もある。そ〜いえば数十年前、ローマクラブというところが数年で原油は枯渇するというレポートを出して驚かせたが、まったくのウソだったんだ。世の中の定説、もっともらしい話には注意しないとね。