Carpenters



カーペンテーズが結成40周年を迎えるそうで、リバイバルの兆し。40年と言えば長いようで、短かったね。当時、私は北海道の片田舎で受験生をやっていたのだ。東京でずっと生活することになるなんて思いもしなかったが、はや40年が過ぎてしまった。
思えば遠くへきたもんだ、此の先まだまだ何時までか、生きてゆくのであらうけど (中原中也) しかしせいぜい先は30年、先が見えてきた寂しさはあるね。
クソ忙しい一週間が終わった。今日はカレンの可憐な歌声に癒されながら、一杯やるとするか。一の蔵辛口でもあけて。

Gale Garnett



先々月、財務大臣のヘベレケ記者会見で目が点になってしまったが、今度はなんと反応していいのやら。一国の首相が記者会見に女性誌を何冊も持ち込んで、表紙のこの子の名前知ってる、知らない、新聞記者ってだめだな〜・・・なにを言いたいのか、わかんな〜い。最近プロンプターを使って、自慢げにスピーチしているが、裏から見ると大きなひらがな、カタカナふってあるんだろうね
ど〜でもいいけど国民はあの手の映像を見せられるたびに、ゾ〜ッとして目の前真っ暗になっちまうんだよね〜
ところで、いよいよ連休、明るく行きましょう。心に太陽、唇に歌を、と言うことで曲は We'll Sing In The Sunshine